カルシウムをとってもイライラが解消されない訳とは?

疲れが取れない、毎日続く慢性疲労を解消したい…と言う方は多いと思います。特に40代50代になってくると、その傾向が顕著になってきます。そして、疲労をなんとか回復させようと栄養ドリンクなどを摂取します。

しかし、栄養ドリンクは摂取したからと言って慢性的な疲労を軽減する効果はないのです。カフェインが入っているので一時的に元気になったような気がしますが、その効果が切れてしまうとドッと疲れが出ます。

同じように栄養価が高いとされているうなぎなどを食したところで、疲労は取れません。

また、同じような例で、イライラを解消するのにカルシウムを取るとよい、などと言われますね。しかし、ドクターはイライラ解消にカルシウムを取るように、なんて指示は出さないものです。

なぜかと言いますと、人間の骨には大量のカルシウムが内蔵されていて、不足するとただちに補給されるからです。ですから、カルシウムをとったからといって、イライラは解消されません。

イライラや慢性疲労の解消を成功に導こうと思ったら、正しい知識を身につけて実行する必要があるのです。民間に伝わる常識には、うそが多いのでお気をつけください。

 

肝機能の検査をする

肝機能の検査は意外としっかりとできるようになっています。肝臓の調子が気になっている人は多いので人間ドックなどでは詳しく検査される部分といっても過言ではないでしょう。極端に悪いことでもない限りはすぐにどうこうなるわけではありませんが、それでも肝臓の数値の意味はよく理解しておきましょう。

なぜならば、肝臓から悪い数値が出たときは病気が進行していることがあり得るからです。肝臓はよっぽど悪くならないと悲鳴は上げないのです。抗原に対する力などがわかればそれだけどの程度の状態であるのかがわかることでしょう。

体というのは消耗品とも言える部分があります。使い続けると不具合が出てきますが、通常では替えることができないようになっています。

肝臓もそうであり、しっかりと労わってやることが求められるのです。人間ドックなどではよい機会ですから悪そうなのであればキチンと配慮するように日常生活を省みるようにしましょう。

そうすることによって、安心して生活ができるようになります。若いうちは多少の無理をしても回復力があるのでよいですが年をとるごとにうまく行かなくなります。

カテゴリー: Uncategorized パーマリンク